QLOOKアクセス解析
10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

まろやか工房

ぼちぼちブログの整頓もしたいな・・・c⌒っ ´・ω・)っ


サウンドボルテックス Boooth

 
パンフレット
<パンフレット拾ってきました(・´з`・) つ>
 
 
冥(EX)のプレイ条件を満たせる気がしないまろやかです、こんばんは(;´Д`)
 
コレって他の音ゲーのように、
ゲームがリニューアルされたら条件不問で解禁される?・・・のかなぁ・・・
サンボルのように曲が追加されていくだけの方式だと、
永遠に解禁される事が無い可能性がありそうで怖いんですが・・・
 
動画をみた限りでは、現状では最高難易度で確定だと思いましたが、
クリアするだけならコッペレベルでも十分いけそうな感じでした(゚∀゚)

 
追加曲が増えたのはいいのですが・・・サンボルでちょこっと気になってるところが、
追加曲を出すために条件を設ける必要があるのだろうか?という点であります。
 
条件を設けるにしても、
ポップンのようにN譜面とAD譜面だけは最初からプレイできるようにして、
隠蔽するのはEX譜面と一部のBOSS曲だけとかにしないと、
ヘビーユーザー以外はほとんど新曲をプレイできないんじゃないかなー
とか思ったり。
 
IRのようなイベントが絡んでるわけでもなく、
他の音ゲーのように曲数が多いわけでもないのに、
ここまで強烈に条件をきつくする理由が本当に謎です(;´Д`)
 
お指のように対戦で伝道できるようなシステムができるのかもしれませんが、
現状でこの仕様は物凄く微妙だといわざるをえないですね・・・
 

 
 
<地味に流用できる技術が多いSDVX>

 
新しい音ゲーで気になるのが効率の良い手の動かし方ですよね。
 
サンボル独自のボタンである『アナログデバイス』は慣れるしかないですが、
慣れれば慣れるほど上級譜面では有利になりますし、楽しくさばけるようになっていきます。
 
鍵盤系はポップンスタイルでいくとシンプルで理解しやすいですし、
Lv12くらいまでなら問題なくクリアできると思います。
 
ポップンスタイルというのは、上段の鍵盤を各指先で固定してしまい、
二つの黒鍵盤を各手首で担当し、固定してしまうという押し方です(゚∀゚)
・・・名前はコッペが適当につけました(;´Д`)
 
この押し方だとアナログデバイスがこないかぎりは
腕を動かす必要が全く無いので疲労感0、
PCキーボードのホームポジション感覚で馴染みやすいのが良いところですね。
 
アナログデバイスがきたときは固定を崩す必要がありますが
処理し終わったらしっかりホームPに戻すクセをつければ慣れるのも速いです(゚∀゚)
 
 
Lv13~Lv14譜面は
他の音ゲー経験があるかどうかで体感難易度がガラリと変わると思います。
『左右振り』やら『両手で片手処理』といった要素が絡んできますからね!
 
このあたりは『自分で押しやすい運指』を追求しなれているのか、
弐寺経験者が強いなーと思いますね。
 

関連記事

category: ☆音ゲー関係

thread: 音ゲー全般  janre: ゲーム

tag: SDVX  パンフレット  アナログデバイス 

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://anpan840.blog52.fc2.com/tb.php/208-4b09bfe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△