QLOOKアクセス解析
09// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //11

まろやか工房

ぼちぼちブログの整頓もしたいな・・・c⌒っ ´・ω・)っ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

オンライン麻雀 天鳳 30戦目

 
3級
<30戦目ジャストで3級へ昇格∩(,,Ò‿Ó,,)∩>
 
東南戦を30回もプレイしていると、
何となく『天鳳麻雀』のクセというか、傾向が見えてきます(´・ω・`)
 
麻雀格闘倶楽部と比較して格段に差が出るところがドラの乗り方で、
裏ドラはほとんど乗らず、のったとしても精々1~2個のみ。
(むしろ普通に打ってたらこれくらいが普通なのではないかとは思うけど(゜∀。))
 
ドラが乗りにくいということは手堅く打っていたほうが有利になりやすいので、
ある意味コッペ向けな仕様な気もしました(゜∀。)
 
 
次にあげられるのがハイパイの極端さ(゜∀。)
 
とてつもないゴミの寄せ集めのようなハイパイがくることが多いのと、
連続的にキレイなハイパイがくるケースがぼちぼちある感じ。
 
他のネット麻雀ゲーと違う点は、ゴミハイパイでもなぜか普通にあがれるので、
ゴミハイパイをしっかり活かすと逆転できるシーンがかなりある事である(゜∀。)
 
ゴミハイパイの多さゆえに、ココで大きな差が開くんじゃないかな(´・ω・`)

 
 
 
 
30戦目
<現在のステータスがこちら>
 
先手が取れれば全ツッパ、
そうでなければベタオリというシンプルな打ち方でここまでくる(´・ω・`)
 
打ち方をはっきり決めておくと、手役の高さに踊らされて振り込んだり、
むやみにリーチをしなくなるので安定感が出るというメリットがあります。
・・・極稀に、攻めようもなくて降りようもないといった最悪の場面もあるけど、
そこらへんはリアルラックと日ごろの行いでカバーしています(゜∀。)
 
そうならないように立ち回れるのが一番なんだろうけど、
なかなかそう上手くはいかないのである・・・(´・ω・`)

 
 
 
 
とある1局
<リーチせざるをえない典型的パターンのひとつがコレ(゜∀。)>

巡目が速い・ドラを使い切っててかなり有利なシーンではあるけど、
格闘倶楽部では罠手であることも多いパターン(゜∀。) 
 
格闘倶楽部での経験上、
一般卓だとある程度適当で強引な打ち方でもイイ感じのアベレージが出せるけど、
上級卓にいくほど守備力の差で競り負ける場面も増えてくると思う(´・ω・`)
 
単純にスピード重視なだけだと限界を感じちゃうんだよナーc⌒っ ´・ω・)っ

 
スポンサーサイト

category: ☆麻雀/天鳳

thread: ▼ゲームの話  janre: ゲーム

tag: 麻雀  天鳳  30戦目 

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。