QLOOKアクセス解析
11// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //01

まろやか工房

ぼちぼちブログの整頓もしたいな・・・c⌒っ ´・ω・)っ


Wizardry Online つまぶき君日記No3


鋼鉄のバスタードソード
<ひょんな事から露店で購入した、とある西洋剣のお話>
 

+3という中途半端な数字から、不思議な哀愁を漂わせているこの両手剣、、、
 
なんと9000円ちょいという価格で投売りされていたので、
思わず衝動買いしてしまいましたヽ(´・ω・`)ノミお金
 
鍛錬済みで若干軽量化されているとはいえ、今のつまぶきくんでは重荷となるウエポンですが、
補ってあまりある高性能っぷりを発揮してくれました(´∀`)


 
フォルム
 <西洋剣ならではのスタイリッシュなフォルムが光る!>
 
美しさと力強さを兼ね備えた刀身が厨弐魂を揺さぶります・・・!
 
西洋剣といえばコッペの中では、
ロングソードやバスタードソード、エクスカリバーあたりが思い浮かびますね。
わりと新しい名前の中ではセイブザクイーンもお気に入りであります。
 
ロマサガ2なんかだとクロスクレイモアが異常な活躍をしてくれた記憶がありますc⌒っ ´・ω・)っ
 
RPGにおいては見た目と強さを兼ね備えた、
常に優遇されたポジションにつく事が多い、ズルい武器でもありますね(゜∀。)

 
 
 
 
 
試し切り
 <普段はかわいさをウリにしているポークルが握ると立派な『戦士』に見える不思議!>
 
WIZにおいても例外では無く、高い攻撃力とスピード・耐久値を兼ね備えた優秀な武器だと思いました。
 
欠点といえば両手斧の次に重い重量でありますが、
もう少しレベルが上がって体力が追いついてくれば
問題なく使いこなせるようになるでしょうc⌒っ ´・ω・)っ

 
 

 
 
 
 
なぎ払い
 <ポークルが両手剣を装備することで得られる最大のメリットは、広い攻撃範囲である>
 
他の両手装備は1~2発目の攻撃のどちらかが縦に振り下ろすタイプの、
いわゆる狭い攻撃範囲が混じっているのに対して、
両手剣は両方の攻撃が横になぎ払うタイプの超広範囲攻撃になっております。
 
その広さは背中以外のすべての範囲を巻き込むほどの広さなので、
何も考えずに集めてベコンベコンするという、スーパー脳みそ筋肉狩りが可能になってしまウ(゜∀。)
 
これは楽チンな上に爽快感がいい感じなのでクセになりそうです( ´∀`)

 
 
 
 
 
ステ
 <Lv12まで成長しました>
 
重量オーバーはスキルでカバーするか、うまくVITが上がってくれればなんとかなる予定!
 
問題は鍛錬する装備を戦士用金属鎧を鍛えるか、プリでも兼用できるように
軽装装備を鍛えるか、、、なところ。
 
大きく防御力に差が出てしまう鎧と脚だけは別個で鍛えたほうが良さそうではあるので
鎧を鍛えるところからはじめようかなぁ・・・

 
関連記事

category: ☆WizardryOnline関連

thread: Wizardry Online  janre: オンラインゲーム

tag: Wizardry  Online  ファイター  両手剣   

[edit]

page top△

コメント

こんばんは。


両手剣、良いですねぇ。
いつの時代もロマンあふれる武器だと思いますよね。

私もRPGなどはよくやりますが、
両手剣はあの斬った時の音が良いと、よく思っています。


ただ何故か両手剣を思い浮かべると、
「両手剣の先端にトイレブラシ(使用済み)を括り付けて
振り回したら、さらなる加効果が期待できそうなのになぁ」
などと、余計な妄想を模してしまったりするのですけど。

吹田の国の旅人 #- | URL | 2012/08/01 22:06 | edit

<RPGではロマン指数が高い武器ほど優遇される(゜∀。)>

>ニアス様へ
 
現実の戦いでは槍&弓のような射程の長い武器のほうが活躍していたのに、
RPG内での評価は真逆になっている事が多いですよね。
 
ファンタジー世界ならではの、夢のある素晴らしい武器だと思います(´∀`)
 
そんなブラシをつけたら間違いなく相手にされないので
100%負けることはないでしょうヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 

コッペパン #- | URL | 2012/08/01 23:38 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://anpan840.blog52.fc2.com/tb.php/263-8d75c386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△